私の考え

第2次安倍政権に私が期待していること(2014年11月27日)

 第1次安倍内閣の安倍総理と、政権復帰後の第2次安倍内閣の安倍総理とでは別人のように大きく変わったと思います。私は予算委員会の委員として、委員会において安倍総理の答弁ぶりをよく拝見していますが、政策の本質をしっかりと踏まえた正確な答弁で一貫している力強さと、国民と一緒に日本の課題を背負う覚悟がひしひしと伝わってまいります。この度の総選挙で国民の信認を得て心一つにスクラムを組む体制が整えばさらに的確なリーダーシップを発揮するものと心から期待しています。安倍政権の主要な成果について見てみたいと思います。

 第1に、20数年間誰も成し得なかったデフレを脱却するための異次元の金融緩和を断行し、3本の矢やオリンピック・パラリンピックの決定をするなど見事な処方箋で日本経済社会に明るいきざしをもたらしました。

 第2に、安部総理はこの2年余り、世界を俯瞰する外交の展開に精力的に取り組み、50カ国を訪問しています。戦後、総理で2番目に訪問国が多かったのは、小泉総理です。しかし、小泉総理は7年余りの長期政権の間に多くの国々の訪問を実現しました。そして、安倍総理は日本のインフラ技術と能力を世界の発展に役立てると同時に我が国に対する受注額をこの2年で3倍(10兆円)に増やし、日本経済が世界の中で生き残る布石を打っておられます。世界の平和や繁栄に貢献する日本を見せるために積極的に外交展開に体を張っています。

 第3に、皆さんご承知のとおり、中国は軍事力を強化し、尖閣諸島などの領有権を主張し、日本のみならずアジア太平洋に資源を求めて力による現状変更をしかねない外交を進めています。安部総理は将来に禍根を残さないよう特にアメリカやアジアの国々と協力関係を強め、日本の安全保障とアジアの安定に力を入れています。特定秘密保護法の成立や閣議決定による集団的自衛権の憲法解釈変更はそのことを象徴しています。すなわち、情報を漏らす人に秘密は話せません。日本がテロや外交に的確に対応し、日本人や領土を守るためには世界から情報が集まることが決定的に重要です。また、アメリカと日本周辺有事にはしっかり協力する姿を見せることが日本やアジアの平和を保つために極めて重要です。

 第4に、国の将来は教育にかかっています。素晴らしい日本の伝統や文化、美しい瑞穂の国日本に誇りを持ち、自らを正し、世界に飛躍する日本を支える子どもを教育することが何より重要です。戦後の日本には民主主義と自由と平和主義が定着しましたが、その反面、行き過ぎた個人主義やポピュリズム、現実的な平和の基礎を築く努力が欠けていることなどひずみも生まれています。安倍総理は世界の中で日本がその実力にふさわしい輝く国家になるために教育改革の一つ一つの実現に取り組んでいます。

 第5に、国家の姿は憲法の内容によって作られていきます。なぜならば、憲法は国家の権力を規律する国の最高法規だからです。安倍総理は正しい憲法改正に強い決意を持っているリーダーです。私は党の憲法調査会会長や衆議院の憲法調査会の幹事として憲法改正論議に加わり、憲法改正のための国民投票法の筆頭提案者となるなど長年努力してきました。戦後の混乱で生まれた憲法を、当時と様変わりしている世界情勢に正しく対応できる憲法に改正することは日本の将来の根幹に関わる極めて重要な課題です。私も、安倍総理と一緒に憲法改正に取り組んでまいりたいと思います。

 第6に、安部総理は強い意思で政策を推し進めますが、意外と人の意見はよく聞いてくれます。私はそのような安倍総理の姿勢から懐の深さと自分をしっかりと持っている自信を感じます。今度の総選挙の結果を受け、さらに力をつけてゆくことを期待します。

私の考えトップへ