私の考え

変化に迅速・的確に対応する企業法制の改革(2014年11月27日)

 監査等委員会設置会社制度や多重代表訴訟制度などを創設することを内容とする改正会社法については、経済界の意見を慎重に考慮し、修正を重ねた上で昨年の臨時国会において提出され、本年の通常国会において成立しました。
 また、本臨時国会では、商業登記規則の一部を改正する法務省令が法務部会において了承されました。活躍されている女性の中には旧姓のまま仕事をされている方が多く、商業登記の際に旧姓を併記できないことが問題となっておりました。この問題についてある大企業の経営トップの女性から相談を受けた私は、法務省に検討を促し、その結果、本改正省令で、商業登記の役員氏名に旧姓を併記することが可能となりました。活躍する女性経営者の方々からとても喜ばれました。
 私はこの20年余り激変する世界や経済に迅速・的確に対応するために経済界の方々と相談し、日本の企業法制を改革するために数々の法律の取りまとめにその中心に立ってリードして参りました。

私の考えトップへ