私の考え

日本の元気、鹿児島から立ち上げる覚悟(2013年7月9日)

 参議院議員選挙も中盤を迎えました。毎日、灼熱の続く中、今日は安倍総理大臣も「尾辻秀久」鹿児島選挙区候補の応援に鹿児島に入りました。

 安倍総理大臣は、日本の元気は「地方の活性化」が不可欠であると強調されました。私も党の「地方活性化調査会」や「中小企業・小規模企業調査会」の顧問として、またその他の経済関係の調査会でも意見を述べて、安倍政権が実現しようとしている地方経済活性化へ向けての政策実現に積極的に取り組んでいます。

 このため通常国会中、党の取り組みの資料(中小・小規模企業戦略10の提言、地方活性化政策集、中心市街地活性化見直し、農業10ヵ年戦略、知的財産戦略10の提言等)をメールで、鹿児島市や県当局、議会、経済関係団体に即日送り、地元からの意見を求め、過日諏訪秀治商工会議所会頭や鹿児島銀行の上村基宏頭取などと積極的に意見交換をしました。

 今回の参議院議員選挙に勝利し、鹿児島の足元から日本再興の成果を実現出来るよう、鹿児島の創意工夫を興して向こう3年間をめどに成果を挙げるよう全力を尽くして参ります。

私の考えトップへ