私の考え

政権担当能力を喪失した民主政権(2012年8月28日)

 日本が、おかしくなり始めています。既に、民主政権は国家統治能力を失いました。このままでは政治が漂流し日本が壊れます。一日も早く解散総選挙で民意を問い政治を刷新し、新政権により日本の元気を取り戻し、外交安全保障の安定を回復させなければなりません。それが現在の混乱する政治を根本から改め、国益を確保する唯一の道であると信じます。

 香港活動家の尖閣諸島上陸を十隻の巡視船を出しながらみすみす許し、行政処分により直ちに強制送還した姿勢が厳しく問われます。レンガを投げ、巡視船の接舷を強行突破した行為は明らかに公務執行妨害罪に該当するもので、同様なことが国内の事案として起こった場合、被害が微少である理由で公務執行妨害罪が成立しないとすることなど有り得ない話です。香港活動家の上陸計画やその背後を調べ、再発防止に備える事も当然しなければならないことです。そもそも菅総理は、一昨年中国漁船衝突事件で船長を逮捕し公務執行妨害罪に問いながら、中国の猛烈な圧力に屈し那覇地検の判断に名を借りこれを処分せず釈放し、鳩山総理は普天間問題で日米関係をいとも簡単に破壊してしまった影響が計り知れないものであることを示しています。

 李明博韓国大統領のこれ見よがしの竹島不法上陸、天皇陛下侮辱発言、メドベイジェフロシア大統領の北方領土訪問などの一連の領土侵犯等は、民主党政権の外交安全保障に一本筋の通った法に則った毅然たるものが欠けていることに起因していることは明らかです。

 今週、自民・公明の理解を得る努力もせず、特例公債法案や衆議院定数是正法案を強行採決し参議院に送付する等、もはや現政権は与党としての責任を放棄し、議席にしがみつくだけの見苦しい姿以外の何物でもありません。8月29日に予定されている野田内閣の参議院の問責決議案を速やかに可決し、冒頭に述べたように、一日も早く解散総選挙を行い政治を刷新し日本の国益を守らなければならない所以です。

私の考えトップへ